>

弱っている人に向いている

優しい歯ブラシとは

最も歯に優しいのは、毛先が柔らかい歯ブラシです。
歯周病や歯肉炎などを発症している人や、生まれつき刺激に弱い人はこちらの歯ブラシを使ってください。
そのような病気を発症している時に毛先が硬い歯ブラシを使うと、余計に悪化させる可能性があります。
また自分がどのような歯ブラシを使えば良いのかわからなかったら、歯医者に相談しても良いでしょう。
すると口内の状態に合わせて、おすすめのタイプを紹介してくれると思います。

パッケージに、毛先のタイプが記載されています。
これまでは安売りされている歯ブラシを選択していたかもしれませんが、それでは正しい虫歯予防になりません。
口内環境を整えるためには、良い歯ブラシを使ってください。

磨く時間を確保しよう

ただ毛先が柔らかい歯ブラシは、汚れを落とす能力が低いです。
そのため、普段よりも丁寧に歯を磨いてください。
数分歯を磨いただけでは、まだ汚れが残っているので意味がありません。
意味のある歯磨きにするためには、20分は時間を掛けてください。
うまく歯を磨くなら、歯を少しずつ動かすことがコツです。

すると磨ける範囲が狭くなりますが、歯と歯の隙間の汚れもしっかり落とせます。
また、歯を磨く際は歯磨き粉を使うと思います。
歯磨き粉にはフッ素が含まれており、虫歯予防に繋がるもの、歯茎を引き締めて歯槽膿漏を防ぐもの、表面についた着色汚れを落とすホワイトニング効果を期待できるものなどがあります。
目的に合わせて、歯磨き粉も選択しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る