>

硬い毛先と柔らかい毛先

汚れを落としやすい

中には力が弱くて、歯ブラシをうまく握れない人が見られます。
そのような人は、毛先が硬い歯ブラシを選んでください。
それなら歯に歯ブラシを少し当てて擦るだけで、簡単に汚れを落とせます。
毛先が普通の歯ブラシや柔らかめの歯ブラシに比べて、汚れと落とす能力が最も高いと覚えておきましょう。

病気を発症している人や高齢者は、力が弱くうまく歯を磨けないと思います。
ですから歯ブラシの選び方を工夫して、口内環境を綺麗にしましょう。
また歯ブラシは、1か月に1回の頻度で交換することをおすすめします。
1か月も毎日使っていれば、自然と歯ブラシに雑菌が溜まります。
そのような歯ブラシを使うと、逆に口内環境が悪くなると覚えておきましょう。

歯や歯茎を傷つけないように

もともと力が弱い人なら大丈夫ですが、身体に問題がない人が毛先の硬い歯ブラシを使う際は、力加減に気を付けてください。
少しでも力を入れて磨くと、歯や歯茎を傷つけてしまいます。
傷口にバイ菌や汚れが入り込むと落とすのが難しくなり、どんどん溜まっていきます。
そして最終的に、虫歯や歯周病などの病気を発症するという流れです。

こうならないよう、軽い力で擦ることを心がけましょう。
歯ブラシを歯に当てて、毛先が広がらない程度の力で大丈夫です。
この時に歯ブラシの裏側から、毛先が広がっているのが見えたら、力を入れすぎているのですぐに改善してください。
慣れるまでは、歯を磨く時は常に鏡を見て、力加減をチェックするのが良い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る